帰国前日。
輪タクで買い物に出かける。
今でもバイクタクシー(トゥクトゥクみたいなもの)を見かけるが、当時はまだ自転車の輪タクが大活躍。

本当に工事が多い。足場はお約束の竹。

本当に自転車が多い。今や自転車はほとんど見かけなくなった。

普通にノーヘル。



夜。
浦江のメンバー達とご飯の後、和平飯店屋上へ夜景を見に行く。
(今はレストランかバーになっている所?)

ぽつーんと東方明珠塔が見える。





↓13年後の2011年の風景。ビル増えて可愛さ倍増。






翌朝。
鑑真号からのバンド風景。さようなら上海。さようなら中国。

船から降り立った時は恐怖で、この先の1ヶ月が永遠に続くもののように感じて気が遠くなったものだが
そんな不安も一日で吹っ飛び、1ヶ月後のこの日には帰国したくない気持ちでいっぱいになっていた。
それもこれも、いろんな所で出会った、激しくて面白くて人情味のある中国の皆さんのおかげだ。

中国はとにかく激しい。激しくて、面白い。なにはともあれ、激しい。
通り過ぎる一旅行者の自分ですら、この国が日々成長しているのだと実感できる。
日本は既に、そういう活気のある時代が終わってしまっているので、少し寂しい。
そして、我が我が!の中国が素敵に思えてしまう…

大陸はとてつもなく大きかった。地方によって、天気も食べ物も人の顔も全く違ってくる。
もっといろんな所を見たいから、もう一度来ることを誓って帰りの船に乗りこんだ。

(中国大陸ざっくり周遊1998年編、終わり)


Link

Search

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

Archive

Profile

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM