朝7時、予定より早く四川省は成都に到着。
爺さんの寝言であまり寝られず、疲れたまま駅前の成都大酒店へ。
フロントボーイは電気を消したままフロントで寝ていたが、安くて良い部屋があったので即決。
ホテルから成都駅を臨む。中央奥が駅。今や地下鉄もある成都、当時はまだ無い。

まずは、次の切符の手配にCITS(中国国際旅行社)など、いくつかの旅行会社を当たるが
見事にどこも「没有」。
今までは割とスムーズに旅行社で手配できていたのだが、ここへ来て「没有」の壁にぶち当たる。
当時は切符を取るのは本当に難しく、手数料を払って旅行社で取るのが一番確実で
駅で人民の皆さんに混じって切符を取るのは至難の業だった。何せ人でごったがえしているのだ。
とりあえず明日の朝、駅に切符を取りに行ってみようということになった。

貴重な切符…これはリッチな軟臥の切符。富裕層と外国人が多いのが軟臥。
価格と快適さのバランスで、硬臥が一番人気。

気を取り直して、歩き方に乗っていたレストランに行くが口に合わず、食の都・四川で撃沈。
でも街の露店で食べたちまきは美味で、お祭りのようなパイナップル棒も気に入って
その後各地で見つけては食べていた。

大きい毛沢東!マオ・ザ・ドン!(と読むと通じる、と思う)
結局この日は切符に時間を取られ、いろんな人におススメされた峨眉山に行けず
街をうろうろした。
明日は切符を取ってから、楽山に大仏を見に行く予定。


Link

Search

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Archive

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM