IMG_9940_small.JPG

ロシアに行ってみたいけど
ビザを取ったり、レギストラーツィア(滞在登録)したり
それを携行しないと罰金を取られたり
個人旅行するにはちょっとハードルが高い…
と思っている方が多いと思います。

旅行会社に依頼するともちろんそんな面倒も
すべてやってくれるので楽です。
私も前回はそうやってロシアに行きました。
手数料が数千円〜急ぎだと数万かかります。

IMG_0134_small.JPG

今回は少しでも予算を削減したいので
自分でビザを取ってみました。
結果、意外と簡単でした。

大使館に平日の午前に2回行けるならば
この取得方法が安くて簡単だと思います。
時間が無い方、遠方の方は代行がおすすめ。

いまだ古い情報も飛び交うロシアビザ取得方法。
2015年4月にこれでできました!
という個人の体験です。

変わることもあると思いますので
あくまで参考までにどうぞ。

今回は

・観光ビザシングル
・一都市に5日間滞在(レギストラーツィア不要)
・ホテルではなく友人宅に宿泊
・友人がロシアで招待状を取るのは
 私が日本で空バウチャー取るより
 困難&割高なので断念

という条件です。

IMG_0029_small.JPG

【個人でロシアビザを取る方法・2015年春】

1.webで空バウチャー取得
2.webでビザ申請
3.大使館へ行く(申請しに行く)
4.大使館へ行く(受け取りに行く)


*******************

1.webで空バウチャー(invitation letter)取得
 ※この書類がビザ申請に必須

 Travel Russiaというサイト(英語)で必要事項を入力します。
 (他にもいろいろな空バウチャー発行旅行会社あり)

 ●入力ポイント●
 
 ・『Nationality on Passport』で『Japan』を選択すると
  シングルエントリーかダブルか選べます。
  シングル599RUR、ダブル699RURでした。
  
 ・『Invitation Delivery Method』は
  『E-mail free』を選択する。

 ・『Date of Arrival to / Exit from Russia』は
  正しい出入国予定日を書く。
  ちなみに、実際にできたビザの出国日が
  なぜか一日多かったのですが
  何の問題もありませんでした。

 ・『Children子供』『Vehicle乗り物』は
   無しなら『none』で。

 ・『Cities to visit』のホテルは
  決まってなければ適当なホテルを選ぶ。
  これは、あとから決めても問題なし。
  入国時も聞かれることはありませんでした。
  ちなみに私は今回は友人宅泊でした。

 ・最後に決済方法を選択。
  クレジット決済できて簡単です。
  決済後ほんの数秒で
  バウチャーがPDFで届くので
  印刷しておく。


2.webでビザ申請する
 

  ロシア連邦外務省領事局査証専用サイト
  というサイトで必要事項を入力します。

 ●入力ポイント●

  ・入力は20分以内に終えないとセッション終了になるので
  入力事項をきちんと揃えてから開始するか
  こまめに保存しながら入力する。
  途中で消えて泣かないためにも

   
申し込み番号をメモしておくこと。

 ・『訪問の情報』というページでは以下のように
  1で取得したバウチャーを見ながら入力。

 ・『Which institution…(受け入れ先)』は
   Travel Agencyを選択。

 ・『Name of organization』とその住所は
  バウチャーに記載の社名と住所を。
  ちなみに【Travel Russia】という名のサイトでしたが
  バウチャーやサイトでは【
Alliance Travel Company】
  という表記だったのでそれを記入。

 ・『Reference number』 = Референс

 ・『Confirmation number』 =  ПОДТВЕРЖДЕНИЕ

 ・すべて入力したら申請書を印刷しておく。


3.大使館へ行く(申請しに行く)

 ・持っていくもの:1のバウチャー、2の申請書(顔写真貼る)、
          パスポート

 場所や時間など詳細は
 大使館領事部の ビザ発給に関する情報 を確認。

 窓口の営業時間は平日の9時半〜12時半でした。
 銀行のように番号札を取って待ちますが
 待っている間に12時半を過ぎても
 容赦なく閉めます、という旨の貼り紙がありました!
 
 私は10時半頃に行きましたがすでに列ができていて
 2,30分待ちました。

 順番がきたら書類を全部出すと
 職員の方が日本語で『○月○日にきてください』
 と教えてくれます。
 そのまま隣の窓口で受け取りに必要な
 黄色いレシートをもらって終了。
 
4.大使館へ行く(受け取りに行く)

 ・持っていくもの:3でもらう黄色いレシート

 受け取りの時は番号札を取らず
 そのまま受け取り窓口(左側)でレシートを出すと
 パスポート(ビザ付)が戻ってきます。

 申請から11営業日以降に取りに行く場合は無料。

 3営業日以内という最も超特急な申請は1万円。
 余裕をもってビザを取るのが賢明です。 

*******************

IMG_0329_small.JPG

もし、同じ街に7日以上滞在する場合
レギストラーツィア(滞在証明)が必要ですが
通常はホテルがやってくれます。
ホテルに泊まらない、いろんな街に行く
という場合のことは頑張って調べてくださいね〜

IMG_0342_small.JPG

以上で、素敵なロシアを自由旅行できますが
海外なので気を付けて
楽しい旅行をしてくださいね。


 
JUGEMテーマ:ロシア 旅行記 海外旅行 総合
 


Link

Search

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Archive

Profile

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM