郊外から地下鉄の駅まで送ってもらってみんなと別れ、北京駅へ向かう。

IMG_1992.JPG

IMG_1993.JPG

多くの旅行者でにぎわっていました。

IMG_1994.JPG

妙に紫で宗教的な雰囲気…

IMG_1999.JPG

建物は見ごたえあります。

IMG_1997.JPG

待合所もクラシカル。こういう大きな待合所がいくつもあります。

IMG_1996.JPG

私が乗る一つ前のが、平壌行き。

IMG_1998.JPG

平壌近いもんなあ…

IMG_2004.JPG

改札通ってホームへ。

IMG_2005.JPG

乗ってやっと落ち着いた。で燕京ビール。

瀋陽まで5時間強、仕事して寝て気づいたら到着。23時半前。

IMG_2022.JPG

瀋陽駅。旧奉天駅であるこの駅舎は、東京駅と同年起工、

同様式で日本人建築家の設計で建てられたそう。似てますね。

駅舎の中もとても美しいというのを本で見ていたのですが

何せ新幹線で寝てたからぼーっとしつつも夜だから急ごうと

ほとんど建物を見る余裕なく人の流れに沿って気づいたら外に出てた…

 

瀋陽のホテルはこの夜中の到着に対応すべく

駅から道路を渡らず徒歩2分で行けるホテルを取りました。

 

★如家精选酒店(Home Inn Plus) 沈阳市和平区胜利北街104号

名前からすると、中国でおなじみホテルチェーン如家の上級クラスなのかな?

IMG_2024.JPG

綺麗で快適!今回の旅イチゆっくりできた部屋。

普通のビジネスホテルで特に面白味はないけど

日中外で彩り豊かな経験をするから

泊まる部屋くらいシンプルが良いのかも?

水回りもひるまず写真が撮れる!笑

ちゃんと素足でシャワー入れる!笑笑

IMG_2025.JPG

これで1泊3,500円ですよ。

北京や上海でこういう部屋に泊まろうと思ったら2,3倍の値段だと思う。

逆にこの値段で大都市の一等地だと

もう水回りがかろうじて部屋にあるけどアレなやつです。

ここは駅から近いしバス停も目の前にあるし瀋陽来る人におすすめ!

と言いたいけど鉄道で来る人いないかな〜

 

ちなみに普段いろんなホテル予約サイトを使いますが

こちらはTrip.com(Ctrip)で予約。

他のメジャーなサイトには掲載がないホテルや

中国人しか泊まれないホテルもたくさんあります。

IMG_2023.JPG

ホテル入口真横にセブン風味のコンビニもあるし便利。

ちなみに入るとファミマの音で迎えてくれます。

 

JUGEMテーマ:アンティーク・レトロ雑貨


Link

Search

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Archive

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM