時は、2010年10月。
スウェーデンはストックホルム。
Slussen(スルッセン)の広場にて。

Slussenは、中世の街並が残るGamlaStan(ガムラ・スタン)と、若きアーティスト達の集まるSödermalm(セ−デルマルム)の中間にあります。

SlussenからGamlaStanを望む。


Slussenの有名なニシンの屋台(の後ろ側)。
食べたいものリストの1つでしたが、結局食べる機会がありませんでした。


花の屋台。


あ!柴犬!


ずっとこっちを見ています。日本人と分かるのかな。


お姉さんの持っているトートバッグは、アルメダールス。


たくさん写真を撮らせてもらいました。


所変わって、2011年5月。
フィンランドはヘルシンキ。
Kauppatori(カウッパトリ)にて。

Kauppatoriは港の前に広がる、ランドマーク的な市場です。

スウェーデンやタリン行きの大型客船がたくさん停泊中。


こちらもニシンやサーモンの屋台がたくさん出ています。


そして花。このように移動式屋台のような、気取らない雰囲気の花屋がずらりと並んでいました。


あ、あのお尻は!


いました、柴犬!


市場のカフェのおじさんも、「オー!シバイヌ!」と言いながら集まってきました。


大勢に注目され、地面に座り込んでしまいました。


そして北欧の家庭に帰って行きました。達者でな!


幼い頃から柴犬を飼っていて、すっかり柴犬贔屓なわたしは
北欧でたくましく暮らす柴犬を見て、誇らしい気持ちになったのでした。


Link

Search

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Archive

Profile

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM