ヘルシンキ2日目の早朝4時。アパートからの風景です。
奥の高い建物は教会で、鐘の音が聞こえます。

朝6時にhakaniemiまで散歩に出かけました。
普通の日曜なら朝市が立つと聞いていましたが、やはりさすがはvappu当日。
閑散としていて、人気がありません。

気を取り直して歩き始めると、通りすがりの男が『タバコもってる?』と言ってきたので
良くあることだと『ノー』とだけ言い、無視して歩き出しました。
hakaniemiのすぐ側に湖があるのでそちらへ歩いていると、さっきの男がつけて来ている気配が。
辺りに人はほとんどいないし開いている店もないし、何よりまだあまり土地勘がない。
これはまずい!と最大限の瞬発力で走り出し、なんとか地下鉄に逃げ込みました。
有事の時に核シェルターとして利用するため深い作りになっている地下鉄の階段が
どれほど長く感じたことか。。

そのまま地下鉄に飛び乗りあてもなく中央駅まで行ったのでした。
中央駅は中央駅でvappu eveの残骸や、それを一掃する清掃車
はたまた一晩中飲み明かしたのであろう酔っ払いなどなど
アナーキーヘルシンキな光景は、今の私には痛すぎる現実でした。

オレンジの車が道路掃除の清掃車。

ヘルシンキ大聖堂の階段部分の白いキラキラはゴミ。

明るい昼間の世界の人々を求め、いつも朝市で賑わうkauppatoriなら!と
トラムに乗って行きましたが、まだまだテントの設営中。
昨日見れなかったvappu eveの主役、havis amanda バルト海の乙女像も
おっちゃんに掃除してもらっている姿がどことなく寂しいです。何か巻かれています。

kauppatoriのトラム停留所の上にも。。。

朝市は諦め、中央駅に戻り、始発待ちで寝ている人々を横目に
ヘルシンキのスタバ・Robert's coffeeでコーヒーを!と行くと準備中。
ことごとく撃沈です。

開店と同時にコーヒーをお持ち帰りし、トラムの停留所でやっと一息つきました。
その時のコーヒーの美味しかったこと!
治安の良いヘルシンキと言えど、そこは外国。
平和ボケな自分に喝な事件でした。

帰りのトラムで、鞄の紐が切れていたことに気づきました。
身代わりになってくれたのかしら。。。

一旦アパートへ、気持ちも予定もリセットしに帰りました。


Link

Search

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Archive

Profile

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM