お昼頃、昆明から広西チワン族自治区の桂林を目指して出発。
くんみん駅。赤がまぶしい。昆明は天気好ですから。
(しかしこの旅シリーズの写真、やけに古い写真に見えるのは
 昆明で現像したからでしょうか…)

今までで一番長い30時間の旅。リーベンレン(日本人)はまた軟臥に戻って参りました!
広州行きの列車だからか、乗客はいつも以上に洗練、いやお金持ちが多い感じで
同室のマダムとおじさまもまた、そんなハイソな雰囲気を持っていた。

この軟臥の要注意人物は、別のコンパートメントのかまきり顔の台湾人おっちゃん。
拙い英語と日本語を操り、我々の旅費や日本でのバイトの給料など、お金の絡む話ばかりしてくる。

30時間、寝て起きては食べ、かまきりとしゃべり、また食べ、またかまきり…
の繰り返しだった。
硬座のわいわいが懐かしかった。

途中の駅で食料調達。中国的おかずぶっかけ弁当がやたら美味しいのだ。

ちなみにゴミは走行中に窓からガンガン捨てます…
お弁当やラーメンの汁が残っていようとも…

五輪や万博などを経て、こういったモラルは今は向上しているのでしょうか。
でも昨年、上海の地下鉄で完全に水色パジャマのおっちゃんがいたっけ…
南京東路(かなり繁華街)でも金のシルクパジャマも見たっけ……


Link

Search

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

Archive

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM