「現地で」ツアーに参加するのは意外と面白い。
ツアー仲間のおっちゃんおばちゃんに世話になって良い思い出になる。
石林(しーりん)へも、昆明駅前から出ている、中国人のみのミニバスツアーで行ってみた。

西安の兵馬俑ツアーも、どうでも良い博物館がセットになっていたが
ご多分に漏れず今回も、土産物屋、鍾乳洞3ヶ所、レストランに連れて行かれた。

昼過ぎ石林着。




手前に民族衣装の人が!ホンモノの方?それとも京都の舞妓体験みたいなもの?
中国の方は記念写真がお好き。と言うより得意。ポージング力が半端ない。
ツアー仲間のおっちゃんたちも、仲良く撮影しあって微笑ましい。





まあしかし…石、石、石、石、とにかく石。
鍾乳洞から続く石見物に食傷気味。
そして観光ブームの来ている中国らしく、平日なのに観光客でごった返しているので
疲れてしまった。

そんな石林の一番の思い出は、トイレのドアが西部劇とかで出てくるような小さいドアだったこと。
意味ある?このドア…

中国のトイレ事情については、ドアが無いとか溝のみとか有名な話。
それを恐れて、我々はこれまで出来るだけローカルトイレは入らず
外国人という身分を利用して。高級ホテルやデパートのトイレを利用させていただいていたため
この時はまだ、中国式トイレの洗礼を受けていなかった。
だから石林のこの小さな、押せば簡単に開くドアに、カルチャーショックを受けた
…というどうでも良い思い出。

そもそも石林って何だっけ?と今更ですが、歩き方によると
「元々海であったこのあたりで、2億8千万年前に地殻変動があり、岩が変形し始める。
岩面が地表に露出した後も、風雨による浸食や地震によって岩山が削られ
鋭い石山が数多く出現したもの。」らしいです。
石好きの方、中国人ツアーで石三昧の旅に出てみませんか?


Link

Search

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

Archive

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM